歯周病

歯周病とは?

歯を失う一番の原因となるのが「歯周病」です。
また、歯周病は糖尿病や狭心症などを引き起こす要因となるとも言われております。

歯周病は歯肉・歯周組織に炎症が起こる病気です。原因は日々のプラークコントロールが十分でないことがほとんどです。歯の表面に付いた歯垢や歯石が炎症を起こす原因となります。

歯肉だけでなく歯槽骨まで進行してしまうと、歯がぐらつき、最終的には抜けてしまいます。
いつまでも自分の歯で噛むためには、最も気をつけなければ行けない病気です。

一般歯科とは?

歯周病の症状

上記のチェック表に、ひとつでも当てはまる症状がある場合は、
歯周病の恐れがあります。すぐに歯科医院での検診を受けましょう。

歯周病チェ ック表

虫歯の進行

歯周病の治療は進行具合により全く違います。
初期段階であれば2、3回の通院で終わりますが、進行が進むと2~3ヶ月の通院が必要となってきます。状況に応じて最適な治療方法をご提案致します。

虫歯の進行

1.プラークコントロール/ スケーリング&ループトレーニング

まずは歯に付着している歯垢や歯石を取り除き、歯周病菌の増殖を抑えることに重点を置いた治療です。
正しい歯磨きの仕方や、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してのプラークコントロールの指導を行い、日々の予防を患者様にもご協力いただき、治療を進めてまいります。

2.被せ物、詰め物の調整

以前に治療した場所の被せ物や詰め物に時間が経ったことにより不具合が出てくることがございます。
この合っていない被せ物や詰め物は歯垢が付着しやすくなり、日々に歯磨きでは取り除くことが難しくなります。
被せ物や 詰め物が合っているかを確認し、合っていなければこちらを修正することで、プラークコントロールがしやすくなり、歯周病の進行を抑え、症状を改善に向かわせます。

3.薬による治療

歯周病は『歯垢(プラーク)=歯周病菌=細菌の塊』に感染する病気なので、薬を服用したり、直接、歯周ポケット内に挿入して増殖した細菌を減少させていく治療も同時に行ないます。

4.咬み合わせの治療

噛み合わせが悪かったりして一部の歯に負担がかかっている場合、その歯(歯槽骨)が破壊され、歯を失う原因となりますので、噛み合わせを調整する治療が行われます。

5.生活習慣や食生活の改善提案

歯周病は感染症です。病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは感染しやすくなりますので、十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また歯周病と関係の深い『糖尿病』にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事もご提案させていただきます。

6.メンテナンス

歯周病を治療し、完治した場合でも、1度歯周病になった人は再び歯周病になってしまう可能性が高いので、再発を防ぐためにもメンテナンスが非常に重要となります。正しい歯磨きの仕方はもちろん、健康的な生活習慣、食生活を送り、出来れば2,3ヶ月に1回、最低でも半年に1回は歯医者で定期健診を受けて、歯周病を予防する事が何よりも大切です。

ネット予約

お電話でのお問い合わせ

治療内容

  • 一般歯科/小児歯科

  • 歯周病

  • 金属アレルギー

  • 矯正歯科

  • インプラント

  • 歯のメンテナンス

  • ホワイトニング

おだか歯科 ページトップへ