歯のメンテナンス

歯のメンテナンスの重要性

今まで歯医者さんは歯が痛くなってから行くものだったと思います。しかし最近では歯が悪くならないように予防していくことが重要視されております。
最も予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科医院への定期検診受診率が80%以上で、子供はほぼ100%となっております。他の先進国でも約70%の受診率になってきています。
歯科に対する関心が先進国で高くなっているのに対して、日本は10%以下の受診率です。
悪くなってから、歯を失ってからでは手遅れです。

予防歯科はメンテナンスです。
歯のメンテナンスを健康な状態で行い、生涯自分の歯で噛むために定期的な歯科医院での検診を受けましょう。歯の治療が完了した患者さんでも、歯周病の再発がないとは言い切れません。
お食事や夜間の歯ぎしりなどで咬み合わせは日々変化をしていきます。
また、歯ブラシで100%磨き残しがないことなど不可能なことです。ではどうしたら歯周病の再発を防ぐことができるのでしょうか?それは、早期発見、早期治療ということにつきるのではないでしょうか。歯石は一度取り除いても、プラーク再付着後4カ月でまたかたい歯石になってしまうのが事実です。

従来の、痛くなったら歯科医院に行くというスタイルではなく、症状とは関係なく定期的に歯科医院を訪れるというスタイルへの変換が必要なのです。同じ体の一部として比較してみると、美容室はどのくらいの間隔で行かれる方が多いのでしょうか。ひと月に一回の方から、長くても3カ月に一回は行かれるのではないでしょうか。これほど歯と髪では皆さんの意識が違うのです。

日々のプラークコントロールが基本にはなりますが、ひとりで抱え込まずに、磨き残した部分は歯科医院によるプロフェッショナルケアにお任せいただき、咬み合わせのチェックに至るまで全てをサポートさせていただきます。

P M T C で歯のメンテナンス

P M T C で歯のメンテナンス

「PMTC」を簡単に説明すると、毎日の自分で行う歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いて綺麗にクリーニングすることです。
毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

100%とはいきませんが、多くの悪玉菌を取り除く事ができ、PMTCは虫歯や歯周病の予防になります。
このような効果がある為PMTCは、口臭の気になる方、セールスビジネスマンにビジネスウーマン、また結婚前の花嫁エステ感覚に来院される方が沢山おります。歯の表面を舌でさわってもツルツルになって気持ちがいいとおっしゃって毎月来院されるファンの方もいらっしゃいます。

歯の健康のみならず気持ちも明るくなり、朝起きた時、口内のネバネバ感がなくなったという方もいらっしゃいます。歯の隅々まで綺麗になるので、PMTC治療は虫歯や歯周病の予防とご自分の歯の寿命を延ばす事にも繋がります。

フッ素塗布

フッ素塗布とは、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。十分な効果を得るためには、歯科医院で年3~4回塗布を行う必要があります。
フッ素塗布のためにわざわざ歯科医院に行くとなるとかなり手間がかかると思われるでしょうが、ほとんどの場合虫歯の治療や定期的なメンテナンスのついでに行うことができます。虫歯予防率は約20~40%です。

シーラント

シーラントとは、簡単に言うと、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です。
シーラントは、その性質上、虫歯ができやすい時期・虫歯ができやすい場所にするのがいいと言われています。そのため、一般的には子供の第一大臼歯に施されることが多いです。

フッ素塗布

虫歯や歯周病の原因は、プラーク(バイオフィルム)です。
プラークとはお口の中にいる細菌のかたまりのことで、歯にくっついた食べカスや糖分を栄養にして増えていきます。プラークは歯の表面や、歯と歯ぐきの隙間に特に残りやすく、正しい方法でブラッシングを行わないとお口の中にいつまでも残ったままになってしまいます。
正しい磨き方を歯医者さんで学び、事前に虫歯を防ぐために定期的に検診をすることをお勧めしています。お口の中を衛生的に保つためには、毎日のブラッシングと定期検診が欠かせません。

ネット予約

お電話でのお問い合わせ

治療内容

  • 一般歯科/小児歯科

  • 歯周病

  • 金属アレルギー

  • 矯正歯科

  • インプラント

  • 歯のメンテナンス

  • ホワイトニング

おだか歯科 ページトップへ