矯正歯科

矯正歯科について

矯正治療とは、一般に歯並びを整えて見た目を綺麗にするという認識だと思いますが、歯並びが悪いと噛み合わせも必然的に悪くなり、咀嚼力が低下して全身に悪影響が出ます。矯正治療は美しさだけでなく、健康の両面に効果がある治療になります。
また、歯並びが良くなると虫歯や歯周病の予防にもなり、将来にわたって自分の歯を維持できる可能性が高まります。何よりもコンプレックスを解消することで、気持ちが前向きになり笑顔に自信が持てるようになります。

矯正歯科について

※当院の矯正治療は、相談・カウンセリングを行い、提携の矯正医院へ紹介させていただいております。まずはお気軽にご相談ください。

矯正歯科のメリット

歯並びに自信がない、口元を綺麗にしたい等ございましたら、一度ご相談ください。
当院は近隣にある矯正専門医院と提携しております。カウンセリングは行っておりますので、お気軽にお悩みをお聞かせください。最適な治療のご提案をさせていただきます。

不正咬合の種類

  • 上顎前突

    上顎前突

    俗に「出っ歯」と呼ばれるものです。別に「下顎遠心咬合(かがくえんしんこうごう)」とも呼ばれます。上顎が成長し過ぎ、または下顎が上顎よりも奥に引っ込んでいる状態のことです。

  • 下顎前突

    下顎前突

    「受け口」と呼ばれるものです。これは、骨格的に下顎が大きい状態のことで、上下の 前歯が、前後逆に噛んでいる「反対咬合」になる場合もあります。

  • 開咬

    開咬

    奥歯をぐっと、しっかり噛んでも前歯が咬み合わず、上下の歯にすき間ができてしまう咬み合わせのことです。また奥歯ではなく、前歯を咬み合わせて奥歯がかみ合わない場合もあります。

  • 叢生

    叢生

    俗に「八重歯(やえば)」と呼ばれるものです。歯が生える場所が足りない、または歯が デコボコに生えている状態のことです。

  • 上下顎前突

    上下顎前突

    外見からでも口元が出ているように見える状態です。上顎と下顎の両方が前方に突き出ている状態のことです。

  • 過蓋咬合

    過蓋咬合

    下の歯列が上の歯列に覆ったような状態で見えなくなってしまっている状態です。これは、上の前歯が下の前歯に対して咬み合わせが深くなっていることが原因です。

  • 交差咬合

    交差咬合

    前歯と奥歯をくっつけた際に、左右のいずれかの奥歯か前歯が横にずれている状態のことをいいます。

  • 正中離開

    正中離開

    俗に「すきっ歯」と呼ばれるものです。歯と歯の間にすき間が出来てしまっている状態をいいます。

  • 切端咬合

    切端咬合

    上下の前歯がまっすぐに生え、先端が丁度に合わさっている状態のことを指します。

ネット予約

お電話でのお問い合わせ

治療内容

  • 一般歯科/小児歯科

  • 歯周病

  • 金属アレルギー

  • 矯正歯科

  • インプラント

  • 歯のメンテナンス

  • ホワイトニング

おだか歯科 ページトップへ